世界一周に関する情報と東京での日常を綴る根本大樹のブログ。

menu

東京ときどき世界一周|daiki55.com

ノシベ|ビーチまで徒歩5秒、夕陽も見える快適な安宿!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

ノシベの夕陽

2015年5月4日、ノシベに到着した日に宿泊したVilla Amnesyaをチェックアウトし、この日はAmbatoloaka(アンバトゥルアカ)と呼ばれるエリアに移動し安宿を探すことに。

周辺に海以外何もないVilla Amnesyaに比べアンバトゥルアカはレストラン、BAR、屋台、旅行会社などがたくさん集まっているエリア。ノシベにはあと10泊するつもりなので、なんとしても安くて快適に滞在できるホテルを見つけたい。

 アンバトゥルアカでオススメの安宿「イランイラン」

Villa Amnesyaをチェクアウトしタクシーを捕まえてアンバトゥルアカへ。(マコトさんと割り勘で1人5000アリアリ=198円)

メイン通りである細い道を進み適当なところで車を降りた。

マダガスカルのタクシー

 

安そうな宿を見つけては部屋を見せてもらい料金を確認し、おそらく6,7軒のホテルを回ったかと思う。

高過ぎるホテル、海から離れすぎているホテル、南京虫がいそうな汚い安宿、、、何軒か回って相場も分かってきた頃、理想の安宿を見つけた!

それが「イランイラン」という名の宿。表通りに看板などはなくパット見は誰かの家??

ノシベの安宿

 

この路地を抜けると白と青のぼろアパート風の建物が見えてくる。そのアパートは全室客室なのでそこに管理人はいない。

いつもどこにいるのか最後まで分からなかったので、キョロキョロしながら「ハロー!ハロー!」と声を上げていればどこかから出てくる。だいたいビーチでのんびりしてる事が多い・・笑

 

それもそのはず、このアパート、ビーチまで徒歩5秒!!

ノシベの安宿

 

管理人風の男に部屋を案内してもらう。部屋よりもバルコニーに直行!バルコニーからはこの眺め!!

ノシベの安宿

 

部屋も広くてしかも明るい。ダブルベットが一つの部屋だったのでマコトさんとは別々に部屋を取りたいが気になるのは値段・・・

ノシベの安宿

 

1週間滞在するからディスカウントして欲しいとお願いするが、予約が入っていて3泊しか出来ないとの事。じゃー3泊するから、と交渉し結果1人40000アリアリ=1580円で交渉成立。この辺りの物価からしたらこの部屋で40000アリアリはかなり安い方だった。

 

シャワーもトイレも全く不便な事はなく最後まで快適だった。

ノシベの安宿

 

ただ、基本ホテルの人に英語は通じないので、交渉はカレンダーを見せたりお金を見せたりしながら粘り強くやりましょう☆

フランス語で数字だけでも覚えておくと良いかもしれませんね。

あと、Wi-Fiはありません。このロケーションを満喫しましょう!

 

しかしこのイランイランで過ごせたのは3日だけ・・仕方なく4日目からは別のホテルへ移動しました。

イランイランから徒歩1分のHOTEL BARRACUDA

ノシベの安宿

 

イランイランよりホテルっぽくて、部屋も超広かったです!

ノシベの安宿

 

料金が高過ぎたのでディスカウント交渉。

結果5泊する事&エアコンは使わないという条件で

1人45000アリアリ=1777円になり交渉成立。扇風機を2つ用意してくれて蚊取り線香もたくさんあったので快適に過ごせました。

毎日ルームクリーニングに来てくれてとても良かったです。Wi-Fiはつながったりつながらなかったり安定しないけど一応ありました。

オーナーは英語も話せるので色々と町の事とかも教えてくれます☆

イランイランから眺める夕陽が最高!

朝起きて毎朝こんな景色を眺められる。ベットから起きてバルコニーとは逆側の通路に出るだけ☆

ノシベの海

 

しかも西向きなので夕暮れがめちゃくちゃキレイです!!

ノシベの夕陽

 

ノシベ滞在中はず〜〜っと晴天だったので毎日こんな夕暮れを見ることができました☆

ノシベのビーチ

 

夕陽を見るにはイランイランがベストです!毎日夕方になると宿に戻りたくなるくらい☆

ノシベの夕陽

 

陸に上げられた木製の小舟がまたマダガスカルっぽくて☆

ノシベの夕陽

 

4日目から引っ越したホテルも良かったけど、イランイランには敵いません☆

 アンバトゥルアカの歩き方

朝起きて歯を磨いたらとりあえず海へ。海辺を歩いていればレストランがたくさんあります☆

ノシベのビーチ

 

適当なレストランに入り朝食。前の記事に書いたけど、マダガスカルの朝食セットはコスパ悪いのでやめましょうw

どこのレストランにも必ずあるのはパスタ。でも、味に期待してはいけませんw

トマトバジリコのパスタ(10000アリアリ=395円)とコーヒー(3500アリアリ=138円)を注文。フランスパンは勝手に付いてきた。

マダガスカルのミートソース

 

しばらくWi-Fiをやりたかったのでクレープ(8000アリアリ=316円)を注文。

海の目の前にあるこのレストランはWi-Fiも使えてしかもイランイランから徒歩1分☆

マダガスカルスイーツ

 

海に入りたくなったら宿に荷物を置いてザブン。

ノシベのビーチ

 

お腹が減ったらちょっと歩いてローカルレストランへ。海沿いのレストランは高いけど少し海から離れると物価が下がります。

オススメはここ!絶対ここ!車が通る道は一本しかないので、その道を歩いていれば必ず見つかります。

食堂

 

ここ、大抵のものは美味しかったけど特にボロネーゼはオススメ!麺の茹で具合も味も量も良い☆

マダガスカルのミートソース

 

ただ基本的にパスタはちょっと高めで9000アリアリ=355円。魚とかはもっと安かったです。

これがここのメニュー。魚とか肉のセット(ライス付き)は基本6000アリアリ=237円

ノシベのレストラン

sauce・・・トマトソース
au coco・・・ ココナッツミルク
Romanzava・・・煮込みスープ風
Frit・・・揚げ

英語のメニューは無いので事前に魚、牛肉、豚肉、鶏肉、調理方法などは覚えるかメモがあった方が良いです!

と言う事で・・・

レストランで使えるフランス語メニュー和訳一覧

作っちゃいました!

旅の一番の楽しみと言えばやっぱりご飯!けどメニューが読めなくて苦労しました。食べたいものが食べれない・・予想外のものが出てくるなんて事が良くありました。なのでマダガスカルのレストランで良く見かけた単語を抜粋し和訳一覧を作りました!

写真に撮っても良し、ブックマークしても良し、お好きなように使ってください☆

entrées 前菜
plat 主菜
dessert デザート

poissons 魚料理
saumon 鮭
sole 舌平目
thon マグロ
crabe カニ
crevette 小エビ
langouste イセエビ
homard オマールエビ(ロブスター)
huître カキ
moule ムール貝
escargots エスカルゴ
anguille ウナギ
caviar キャビア

viandes 肉料理
boeuf 牛
veau 仔牛
poulet 鶏
canard 鴨
pigeon ハト
porc 豚
agneau 仔羊
lapin ウサギ
grenouille カエル
filet フィレ
foie レバー
foie gras フォアグラ

champignon キノコ
truffe トリュフ

brochette 串焼きにしたもの
rôti ローストしたもの
frit(e) 油で揚げたもの
grillé (e) 網で焼いたもの
sauté (e) 強火で焼いたもの
bouilli(e) 茹でたもの
cru(e) 生のもの
ragoút 煮込んだもの
farci(e) ひき肉などを詰めたもの
※男性名詞か女性名詞によって(e)が付きます

アンバトゥルアカの「夜の」歩き方

昼を食べたら海辺で昼寝したり、また泳いだり、カフェでブログ書いたり・・・

ノシベの夕暮れ

 

そしてまた綺麗な夕陽を見て・・・

ノシベの夕暮れ

 

続いてディナーの時間です。というかお酒の時間です

ノシベの繁華街

 

夜になると昼間以上に人が増えてとても賑やかになります☆この雰囲気がめちゃめちゃ好きだった!

夜は路上に面した屋台でビール片手に串焼きとかをつまむのが一番です!

綺麗なお姉さん、照れて隠れられた・・

夜の屋台

 

屋台でビール飲んでると必ずと言って良いほど誰かと友達になります。

言葉の壁は関係ない!笑

ノシベのBAR

 

時間が遅くなるにつれBARがディスコに変わり・・

ノシベのバー

 

どこからともなく怪しいお姉さま達がたくさん集まって来るのです。笑

ノシベのディスコ

 

しかも時空を超えて。

酔っ払い

 

あげく口からレーザービームを出すので敵いません。

酔っ払い

 

だんだんと酔いが回り、カメラなんて持ってたら絶対に紛失しそうなので、宿にカメラを置きに帰りました。宿までは徒歩1分なので余裕〜☆

て訳でこの先の写真が無いのが残念なんですが、マコトさんと飲み過ぎてナミビアの留置所に入れられた事を思い出し・・

「今夜もかましちゃいますか〜!!笑」

的なノリになり、ディスコでマダガスカルのお姉さま達と飲みまくりました。笑

 

結果・・・気付いたら朝方・・・ビーチで寝てました。汗

こわ!

カメラ置きに帰って良かった!

 

長くなりましたがこれがアンバトゥルアカの「夜の」歩き方でございます。どうぞご参考までに。

レーザービームのお姉ちゃんには気を付けてくださいね!笑

 

最後に地図です↓


赤・・・イランイラン
青・・・HOTEL BARRACUDA
黄・・・海辺のWi-Fiが使えるレストラン
緑・・・オススメレストラン




LINE@でブログの更新情報を受け取れます↓

友だち追加

 

 

スポンサーリンク

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


スポンサーリンク

このブログを書いている人

名前:根本大樹
誕生日:1982年3月6日(34歳)
血液型:O型
出身地:神奈川県横浜市
居住地:東京都渋谷区恵比寿
訪問国数:80カ国



世界一周ルート


より大きな地図で 世界一周ルート を表示

YouTube


instagram

twitter

facebook page

カテゴリー

アーカイブ

ブログ村

スポンサーリンク