世界一周に関する情報と東京での日常を綴る根本大樹のブログ。

menu

東京ときどき世界一周|daiki55.com

ヌングイ|美し過ぎるビーチは大事件の幕開けだった・・

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

ヌングイのビーチ

2015年1月、ザンジバル島のストーンタウン。

前回は「坊主にしたぞ!」って言う、どうでも良いお話でした。今回はストーンタウンではなく、北部のビーチリゾート地「ヌングイ」のお話です。

 ストーンタウンからヌングイへ

ストーンからヌングイへは116番のバスかダラダラ(乗り合いトラック)に乗る。料金は2000シリング(137円)

ヌングイ行きのバス

 

約1時間半ほどでヌングイの終点に到着するのでそこでバスを降りる。バスを降りるなり現地の兄ちゃんが「マゴロゴロか?」と聞いてきた。ちょうど僕がヌングイで滞在しようと思っていた宿が「マゴロゴロロッジ」なのだ。

宿までの行き方を知らなかったので、その兄ちゃんに着いていく。歩いて10分くらいすると・・・

これがマゴロゴロロッジの入り口。看板とか何も出てないし、普段はドアも閉まっているので絶対に自分では発見できないと思う。

マゴロゴロロッジ

 

バスを降りたら現地の人に聞きまくって探してください。

マゴロゴロロッジ

マゴロゴロロッジのオーナーは奥さん?だか元奥さん?が日本人の女性なので、それが元で日本人バックパッカーがこの宿に集まるようになったみたい。レゲエな雰囲気でスタッフはドレッド頭。

マゴロゴロロッジ

 

2階にテントスペースがあって持参テントなら10ドル、テントを借りると15ドル?で泊まる事が出来る。ロッジも確か15ドル?

マゴロゴロロッジ

 

僕はテント持参だったのでナイロビで購入した、やっすいテントを設置。下に敷くマットレスを貸してくれるし、屋根もあるしコンセントもあるしで、居心地は悪くない。

マゴロゴロロッジ

 

シャワーも・・

マゴロゴロロッジ

 

トイレもそれなりに綺麗で文句はなし。

マゴロゴロロッジ

 

ただ、僕が滞在中は1度もWiFiが繋がらなかった。たまーに繋がるらしいんですが。

あと、海まで少し遠いのが難点。といっても10分~15分なんだけど、ビーサンでゴツゴツした岩場と草ボーボーの道を歩くってのが海までの距離をいっそ遠く感じさせる。

という訳で、特別オススメ!って感じでもないです。他にもっとビーチが近くて同じ位の値段の安宿があるらしいので探してみても良いかも。

 ヌングイのビーチ

ヌングイと言ったらビーチ!上にも書いた、宿から歩いて10~15分のビーチというのがこちら!

ヌングイのビーチ

 

めっちゃ綺麗。

ヌングイのビーチ

 

ジャンビアーニとかパジェとかのビーチを先に行ったから、どうせ大した事ないんだろう・・そんな風に思っていた。

ヌングイのビーチ

 

いい意味で裏切られた。

ヌングイのビーチ

 

これはテンション上がる!!

ヌングイのビーチ

 

丸1日ビーチでのんびしてた。砂浜に寝転がったり、ビール飲んだり、泳いだり・・。

ヌングイはザンジバルを代表するリゾート地だけあって、ビーチには売店があるからビールも買えるし、カフェやレストランもあるし最高!

ヌングイのレストラン

 

そのレストランで食べたビーフカレー。想像していたのとは違ったけど・・。ビールと合わせて16000シリング(1100円)。

ヌングイのレストラン

 

ビーチ沿いのレストランはちょい物価高め。だけど売店とかは普通。ビールは1本3000シリング(206円)で買える。

 

ビーチ沿いではなく、バスを降りたあたりならローカル食堂があるので、そこなら安い。

これと、あれと、それと・・って適当に選んで全部で6700シリング(460円)。ファンタ含む。

ヌングイのローカル食

ヌングイの夕陽

ヌングイは夕陽も見れる。

ヌングイの夕暮れ

 

ガスちゃって後半綺麗に見えなかったけど、この雰囲気は最高。

ヌングイの夕暮れ

 

ビーチバレーを見ながら

ヌングイの夕暮れ

 

ゆっくりと沈んでいく夕陽をビールを片手にのんびり観賞。贅沢な時間ですな~☆

ヌングイの夕暮れ

シュノーケリングツアーに参加

ヌングイに来たら絶対に行ってもらいたいのがシュノーケリングツアー

朝出て夕方に帰って来るんだけど、ランチ代、レンタル代全て込みで34000シリング(2336円)。マゴロゴロロッジで申し込んだ。

 

当日、宿の近くから船に乗って2~3時間離れたシュノーケリングポイントへ向かう。

これがすげー大変だった。汗

波が高くて揺れ半端ないし、船もあまり大きくないからめっちゃ水被るし。船酔いでゲロゲロしてる欧米人が何人かいた。

 

でも、ポイントは最高だった!ヌングイ発のシュノーケリングツアーは全てここに来るみたいでたくさんの船が集まってた。

ダイビングのポイントでもあるみたいで、ダイビングを楽しんでる人もたくさんいた。

 

でもね、写真1枚もないの。笑

 

・・・ジャンビアー二で釣りに行った時に、カメラ壊れるかも!って思うくらい水被ったから、今回はそれを予想して持って行かなかった。

めちゃ後悔した。

 

持って行くべきだったよ・・

シュノーケリングポイントの近くにめっちゃ綺麗な島とかあるし、船も帆船だから写真撮ったら画になるし。

あ~あ、残念。

 

という事で写真なくてあんまりイメージ湧かないと思うんですけど、とにかくシュノーケリングは最高でした!魚もいっぱい見れたし!

 

代わりにヌングイの他のビーチを何枚か載せておきます!て言っても宿から少し南に歩いた辺りだけど。

ヌングイのビーチ

 

赤い服を着ているのはマサイ族。いわゆるシティーマサイ(都市に出て仕事してるマサイ族)とか観光マサイ(土産物を売ってる)ってやつですね。

ヌングイのビーチ

 

めっちゃ綺麗でしょ☆

ヌングイのビーチ

 

ここヌングイには、1週間とかゆっくりするつもりできたんだけど・・

ヌングイのビーチ

 

実はこのあと大事件が起こります。

事件っていうか・・

なんていうか・・

僕の顔がすっごい事になるんです!!!

 

この事件に名前を付けるなら・・・

アンパンマン事件!!

 

次回の記事はお見逃しなく!!!




LINE@でブログの更新情報を受け取れます。旅やブログに関するご質問もお気軽にどうぞ↓

友だち追加

 

 

スポンサーリンク

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

このブログを書いている人

名前:根本大樹
誕生日:1982年3月6日(34歳)
血液型:O型
出身地:神奈川県横浜市
居住地:東京都渋谷区恵比寿
訪問国数:80カ国



世界一周ルート


より大きな地図で 世界一周ルート を表示

YouTube


instagram

twitter

facebook page

カテゴリー

アーカイブ

ブログ村

スポンサーリンク