世界一周に関する情報と東京での日常を綴る根本大樹のブログ。

menu

東京ときどき世界一周|daiki55.com

テーブルマウンテン|絶景を見に断崖絶壁をよじ登れ~!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

ケープタウン一望

ケープタウンのシンボルと言っても良い圧倒的な存在感の「テーブルマウンテン

ケープタウンに来てテーブルマウンテンに登らない観光客はいないじゃないでしょうか?

そんなテーブルマウンテンに登る方法は二つ。ロープウェイで登るか、歩いて登るか・・・

 テーブルマウンテンは歩いて登るのがオススメ!!

そうです、もちろん歩いて登りました!

宿を出ると目の前にテーブルマウンテンが見えるので、そっちの方向に向かい歩き出す。

テーブルマウンテンへの道

 

汗ばむ陽気の中、住宅街の中の急な坂道を登り続ける。

テーブルマウンテンへの道

 

しばらく歩き続けると、ようやく登山道に到着した。登山道入り口まで宿から1時間くらい?だったと思う。

テーブルマウンテンへの道

 

背後には「ライオンズヘッド」がそびえ立つ。

ライオンズヘッド

 

さらに上へ、上へと登山道を登っていく。先ほどまで見上げていたライオンズヘッドが目の前に迫り、その先には大西洋を見渡す。

ライオンズヘッド

 

断崖絶壁に立ち記念撮影~☆

テーブルマウンテンからの眺め

 

頂上が真っ平らなテーブルマウンテンと違い、尖った形のライオンズヘッド。ライオンズヘッドへは、この日の翌日に登る予定を立てていた。

ライオンズヘッド

 

コウヘイくん、断崖絶壁でジャンプ!!

テーブルマウンテンにて

 

テーブルマウンテンへは、ナミビアをレンタカーで一緒に回ったマコトさん、コウヘイくんと登り始めたんだけど、途中でマコトさんとはぐれ、結局コウヘイくんと2人での登山になった。

 

テーブル湾とケープタウンの市街地を一望☆天気にも恵まれて最高に気持ちい~!!

ケープタウンを一望

 

ライオンズヘッドから海の方へ向かった丘の上が「シグナルヒル」と呼ばれ、夜景スポットになっている。

ケープタウンを一望

 

それにしてもこの登山道、急傾斜っぷりが半端ない。

このロープウェイの角度でなんとなく伝わるかなー。汗

ケープタウンを一望

 

って登れば登るほど急になってきて

「これ本当登山道?」

ってくらい、半端ない道のりだった。汗

 

テーブルマウンテンへ登る為の登山道は何本もあるみたいなんだけど、僕らが選んだこの道には

全く登山者がいなくて、笑えてくる位に急傾斜で。笑

どれくらい?って・・

こんな急なんですよ?!

テーブルマウンテン

 

もはやロッククライミング。笑

落ちたら普通に死んじゃうし。汗

途中で何度か引き返す?って思うほどハードなコースで、女性は男性の手助けが無いと登れないと思います。。

でも、そのハードさと引き換えに絶景続きなんですよね~☆

ケープタウンを一望

 

色々と断崖絶壁スポットがあるから、2人以上で登ればたくさん写真も撮れます☆

ケープタウンを一望

 

登山道を歩き続けて2時間ちょっと?ようやく頂上に到着。

メモを紛失してしまい正確な時間は分からないんだけど、その位はかかったと思う。

 

頂上手前に、下山する人用に看板が設置されていたので振り返って見ると・・・

ターブルマウンテンのコース

 

「非常に危険なルート」

という文字が。笑

しかも

「ロッククライミング」

って書いてあるしね。笑

 

登山道の入り口にもなんか看板あった気がするけど、まったく気にしないで登って来てしまいました。笑

怪我もなく登れて良かったです☆

 

今回登った「India Venster Route

とてもハードですが景色が最高なので超オススメです。

男性だったら高いところが苦手でなければ全然登れます。女性だけだと、ちょっとキツいかも?

看板にも書かれていますが、このルートは自己責任で気を付けて登りましょう☆

 テーブルマウンテンの頂上~☆

頂上にはカフェやレストラン、売店などがあってゆっくりする事が出来る☆

かなりしっかりした設備が整っていてビックリ。

テーブルマウンテン頂上

 

はぐれたマコトさんは先に到着していたみたいで無事合流~。はぐれたのでロープウェイで登ってきたらしい。笑

なのになんで一番暑そうなの?笑

テーブルマウンテン頂上

 

めっちゃくちゃ汗をかいたので、スポーツドリンクを買ってガブ飲み!さらにビールも!!

ここで夕陽を眺める為に頂上を歩き回って時間を潰す。

徐々に陽が傾いて来て西陽に照らされるマコトさん☆

テーブルマウンテン頂上

 

そのあとアッという間に陽は沈んでいき、大西洋に沈む夕陽を最後まで見る事が出来た。

テーブルマウンテンから見た夕日

 

大西洋って事は極端な事を言うと、この先はブラジルって事なんだよね。そんな事を思いながら沈んでいく夕陽を眺めてた。

 

帰りはクタクタだったので、ロープウェイで下山。(片道115ランド=約1150円)

そして宿の近くのタイ料理屋に寄りビールでもう一度乾杯~!!クタクタに疲れた後のビールは最高でした~!

 

次はライオンズヘッドとシグナルヒルを紹介します☆




LINE@でブログの更新情報を受け取れます↓

友だち追加

 

 

スポンサーリンク

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


スポンサーリンク

このブログを書いている人

名前:根本大樹
誕生日:1982年3月6日(34歳)
血液型:O型
出身地:神奈川県横浜市
居住地:東京都渋谷区恵比寿
訪問国数:80カ国



世界一周ルート


より大きな地図で 世界一周ルート を表示

YouTube


instagram

twitter

facebook page

カテゴリー

アーカイブ

ブログ村

スポンサーリンク