世界一周に関する情報と東京での日常を綴る根本大樹のブログ。

menu

東京ときどき世界一周|daiki55.com

中世貴婦人スタイルのヘレロ族と黒土を塗り込んだデンバ族【4日目前編】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

ヘレロ族

2015年3月31日、ナミビアレンタカー周遊計画の4日目。4日目は前編/後編/留置所編の3つに分けました。この記事は前編です。

4日目の予定はヘレロ族、デンバ族、ヒンバ族の集落に訪問し彼らの生活に触れる事。オプウォの街が拠点となるので長距離移動はなしです。

ナミビアレンタカー周遊計画について詳しくは「ナミビアレンタカー9泊10日周遊計画【まとめ編】」を先に見て頂けると流れが分かると思います☆

 ガイドを見つけてお土産購入

民族の集落に行く為ににはガイドが必要となる。

理由は、単純に場所が分からない事。そして民族は英語が喋れないからコミュニケーションが取れない事。その他諸々トラブル防止?

ガイドは宿で紹介してもらう事も出来たが、街に唯一ある大型スーパーマケットの前をウロウロしていれば、自称ガイドが話しかけてくると情報があり、スーパーに行った。

場所は宿から歩いて5分位の場所。

オプウォの地図

 

ショッピングカートまである、割としっかりしたスーパーマーケット。

オプウォ

 

スーパーの前に着くと、車を駐車場に止める前に早速自称ガイドが話しかけてきた。

宿で紹介してくれたガイドよりも言い値が安く、ヘレロ族、デンバ族、ヒンバ族、行ってみたかった全ての集落に連れて行ってくれるとの事でこのガイドに決めた。

【ヘレロ族、デンバ族、ヒンバ族のガイド情報】
 
名  前 linda hinba guide(リンダ)
電話番号 0813535871
出没場所 上記のスーパーマーケット周辺
料  金 4人で総額700ナミビアドル(約7000円)
(内  訳) ガイド料1人75ナミビアドル=4人で300ナミビアドル
         ヘレロ族、デンバ族集落への土産代200ナミビアドル
         ヒンバ族集落への土産代200ナミビアドル
         ※人数が少なければ土産代も安く済む

交渉が成立すると、一緒にスーパーマーケットに入ってリンダが買うものを全て選びレジへ。

すると、ほぼピッタリの400ナミビアドルになるので、持っていくものは毎回決まっている様子。

購入したのは砂糖やトウモロコシ粉、オイルやマッチなど、民族の生活を支えているんだろうなーと思われるもの。

 

ちなみにリンダが車を出してくれる訳ではないので、自分達の車に乗ってもらい道案内だけしてもらう感じになります。

左のおばちゃんがリンダ、間はリンダの子供(白いのは日差しから肌を守る為らしい)

ヒンバ族のガイド、リンダさん

中世貴婦人スタイルのヘレロ族

土産を買い揃えてまず向かったのはヘレロ族とデンバ族が暮らす集落。大した距離ではないけど道路が舗装されていないので30分位走ったと思う。車の底を何度もこするような凸凹道を越えて集落に到着。

ヘレロ族の村

 

リンダが、持って来たお土産を渡し挨拶をしたあと集落を案内してもらう。

お土産

 

ヘレロ族を一言で言うと中世の貴婦人。

ドレスのようなものを着て、頭には「角」のようなものを身に付けている。

ヘレロ族

 

「その角の部分には何が入っているの?」

と聞いてみた。

ヘレロ族

 

答えは・・・

「新聞紙よ、ギャハハハハ!」

ヘレロ族

 

なんか聞かなきゃ良かったかも。笑

ヘレロ族

 

でもこの民族、決して観光客用という訳ではなく、いつもこの服を着ているのだとか。

ヘレロ族

 

絶対頭の上のやつ邪魔だなーーとか思ってるよね?

思ってないのかなー。

ヘレロ族

 

てか、コウヘイくん?なんでそんな格好してんの?!

ヘレロ族

 

しかも働いてるし!!

ヘレロ族

 

このあとナミブ砂漠でもなぜかスーツを着たコウヘイくんが出てきます。

なんでこんな格好してたんだっけ?忘れてしまったので割愛します。笑

黒い土で塗り固めたデンバ族

続いて、デンバ族の女性が歩いて来ました。

デンバ族の特徴は黒土を髪に塗り固めている事。

 

デンバ族

 

そして上半身に服は着ない事。

デンバ族

 

さらにカラフルなビーズのアクセサリーを身に付けている事。

デンバ族

 

赤ちゃんのキラキラした瞳もすごい!!

デンバ族の赤ちゃん

 

すると今度はヒンバ族の女性が歩いて来た。

ヒンバ族

 

ヒンバ族は次の記事で紹介するのでここではあまり触れないけど、デンバ族との違いは土の色。

ヒンバ族

 

黒土ではなくて、赤土を塗り込んでいる。

そしてアクセサリーはあまり派手なものを身に付けていない。

ヒンバ族

 

突然出てきたヒンバ族に夢中になっていると、ヘレロ族とデンバ族の女性は日陰で休んでた。笑

ヘレロ族の家

 

リンダは馴染むけど、どう考えてもコウヘイくんは馴染まないよね。。

ヘレロ族の家

 

リンダの子供と遊んだり

根本大樹

 

まったく表情を変えない子供と遊んだり・・

根本大樹

 

そして最後にみんなで記念撮影をして次のヒンバ族の集落へ向かいました☆

ヘレロ族と集合写真

 

赤土を塗り込んだヒンバ族は次の記事で紹介します☆

 

 




LINE@でブログの更新情報を受け取れます↓

友だち追加

 

 

スポンサーリンク

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


スポンサーリンク

このブログを書いている人

名前:根本大樹
誕生日:1982年3月6日(34歳)
血液型:O型
出身地:神奈川県横浜市
居住地:東京都渋谷区恵比寿
訪問国数:80カ国



世界一周ルート


より大きな地図で 世界一周ルート を表示

YouTube


instagram

twitter

facebook page

カテゴリー

アーカイブ

ブログ村

スポンサーリンク