世界一周に関する情報と東京での日常を綴る根本大樹のブログ。

menu

東京ときどき世界一周|daiki55.com

干潮時のみ2つの島が砂州で繋がる楽園「ノシイランジャ」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

ノシイランジャ

2015年5月10日、ノシベまで来たら絶対に行くべき島「ノシイランジャ」へ

この島は干潮時になると「イランジャ・ケリー」と呼ばれる小さな島と「イランジャ・ベ」と呼ばれる大きな島が砂州で繋がる。

「イランジャ・ケリー」には1軒の高級リゾートホテルしかない小さな島で基本的に島内を歩くことはできない。

「イランジャ・ベ」には小さな集落と灯台などがあり、誰でも島を散策できる。

この2つの島を合わせて「ノシイランジャ」と呼ぶ。

スピードボートでノシベからノシイランジャへ 

アンバトゥルアカは宿の周りに何でも揃っていて全て徒歩5分圏内なので何をするにも楽ちん。ノシイランジャへのツアーを扱う旅行会社も徒歩圏内。

ノシイランジャへ行きたかった日の前日の夕方、何軒かの旅行会社を回り受付のお姉さんが英語を話せるとこで予約をした。値段は1人90000アリアリ=3555円。英語が話せない受付のところは85000アリアリと言っていた覚えがある。

翌朝、旅行会社へ。旅行会社と言うと聞こえが良過ぎるかもしれないけど↓

ノシベの旅行会社

 

準備が出来るまでしばらくビーチで待たされ、ようやく出発!このボートに10人位の客が乗り込む。

ノシイランジャに向かうボート

 

ノシベから南西約45kmにノシイランジャがありスピードボートで1時間ちょい。


赤・・・ノシベ
青・・・ノシイランジャ

 

しばらくするとノシイランジャが見えてくる。左に写っているのが小さい方の島イランジャ・ケリー。

ノシイランジャ

 

そこから右にかけて薄っすら砂州が見えています。この先にあるのが大きい方の島イランジャ・ベ。

ボートが到着したのは「イランジャ・ベ」の方。ノシベの海も綺麗だけど、ここの海の色はヤバい!

ノシイランジャ

 

上陸してさらにテンションが上がります!!

ノシイランジャ

もう一つの楽園ノシイランジャ

砂浜に上がり、まずは昼食を取る場所へ移動。

ノシイランジャ

 

たくさんの布が風に揺れる中、その中へ進んでいく。

ノシイランジャ

 

その奥に見える海がいい感じ☆

ノシイランジャ

 

テーブルの場所を指示され不要な荷物を置き、さっそくビーチへ!

ノシイランジャ

 

砂州の奥に見えるのが小さい方の島。小さい方の島に向かって歩いてみる。

ノシイランジャ

 

水がめっちゃ綺麗!砂もサラサラ☆

ノシイランジャ

 

この美しさ、動画でもご覧ください!

 

砂州の長さは1km位あるようで、本当に歩いて渡る事ができました☆

小さい方の島から見た「イランジャ・ベ」

ノシイランジャ

 

写真を撮り終え昼食の時間までのんびり過ごす。

そして昼の時間☆

 

同じボートの観光客らと一緒に食事。フランスから来ているのだとか。

ランチタイム

 

この食事の豪華さに驚きました!!

ランチタイム

 

イセエビやオマールエビ、大きな魚!!しかも美味しかった〜!!

ランチタイム

 

けど後から聞いた話によるとフランス人たちは僕らよりも高いツアー料金を払っていて、イセエビとかの高級食材は僕らの分は無かったらしい・・・汗

何も知らずに食べちゃいました(苦笑)

フランス人達は気付いていたのか・・?持参したワインをたくさん分けてくれたりしたから、分かってたけど黙っててくれたのかもしれない、、、ありがとう〜美味しかった!

2つの島が繋がった!

ご飯を食べた後は上からの景色を見に山を登りました☆

山から見た2つの島!

干潮の時だけ二つの島が繋がる

 

めちゃくちゃキレイ〜!

干潮の時だけ二つの島が繋がる

 

さっき歩いた時は水に少し足をつけないと渡れなかったけど、干潮になり2つの島が完全に繋がりました!

干潮の時だけ二つの島が繋がる

 

エメラルドグリーンの海に挟まれたS字の砂浜はまさに絶景!

干潮の時だけ二つの島が繋がる

 

バオバブ並木にも負けない位の景色です!マダガスカルに来たら是非「ノシイランジャ」にも足を運びましょう☆

謎の島でキツネザル鑑賞

ノシイランジャを満喫し、ノシベに帰る時間。同じボートに乗り込み出発。

しかしボートは出発して30分位でノシベではない別の島に到着。

どうやらこの島はフランス人たちが申し込んだオプションの島のようで上陸するには別料金で5000アリアリ=197円かかるとの事。ボートの上で待っている訳にいかないし了承し上陸。

 

この島はキツネザルが多く生息しているようで、間近でたくさんのキツネザルを見ることが出来る。

キツネザル

 

黒い毛のキツネザルもいれば茶色い毛のキツネザルも☆

キツネザル

 

さらに白い毛のキツネザル☆

キツネザル

 

人間に慣れているのか全然逃げようともせず

キツネザル

 

飽きるくらいカメラに収める事が出来ました☆

キツネザル

 

このツアー、めっちゃくちゃ日に焼けるので、それだけは気を付けてください〜

 

↓アフリカのサバンナで見た動物をまとめた動画を作りました。ここで見たキツネザルも出てきます!

 

以上、ノシイランジャでした〜!!

つづく

 

 




LINE@でブログの更新情報を受け取れます。旅やブログに関するご質問もお気軽にどうぞ↓

友だち追加

 

 

スポンサーリンク

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

このブログを書いている人

名前:根本大樹
誕生日:1982年3月6日(34歳)
血液型:O型
出身地:神奈川県横浜市
居住地:東京都渋谷区恵比寿
訪問国数:80カ国



世界一周ルート


より大きな地図で 世界一周ルート を表示

YouTube


instagram

twitter

facebook page

カテゴリー

アーカイブ

ブログ村

スポンサーリンク