世界一周に関する情報と東京での日常を綴る根本大樹のブログ。

menu

東京ときどき世界一周|daiki55.com

キガリ|ルワンダのビュッフェは安くて美味くて超お得!

このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

ルワンダのビュッフェ

ウガンダからルワンダの首都キガリに到着。しかし、着いて早々ATMに現金を飲み込まれてしまうというトラブルが発生!

ATMが設置されていた銀行からヘッドオフィスへ行けと言われ、ヘッドオフィスではVISAカードに直接調査を依頼しろと言われ・・・

 

結局この場での解決は諦め、ようやく宿にチェックインする事が出来た。

前回の記事→キガリ|ATMトラブル!現金が飲み込まれた~!(汗)

 キガリの安宿ホープゲストハウス

チェックインしたのはバスステーションのから徒歩5分の場所にあるホープゲストハウス(1泊7000フラン=1220円) 

ホープゲストハウス

 

部屋はシングルでトイレー、シャワー(温水)は共同。Wi-Fiはなし。キガリはこの宿に限らず断水している事が多いので、予めシャワーが浴びれる時間などを確認しておいた方が良い。

バスステーション周辺の安宿を他にも2軒(Resident Hotelなど)回ったけどここが一番。

ホープゲストハウス

丘の上の新市街へ

宿を出て何か食べる事にした。バスステーションにあった食堂に入る。

チキンwith炊き込み御飯風の物を注文(2500フラン=433円)

チキンの味は良かったけど、バスステーションにある食堂にしては少々高め。

ルワンダの食堂

 

ルワンダはベルギーの植民地だったという背景から、英語よりもフランス語が良く通じる。ここの食堂のメニューもフランス語で書かれていた。しかし現在はフランス語圏から英語圏への転換を図っているらしい。

 

バスステーションの周辺は言わばダウンタウンという感じの雰囲気。とくにこれと言って見所はない。

丘の上にある新市街に行ってみる事に。結構距離がある上に、ずっと上り坂なので歩いて行くのは厳しい。バイタクを使うのが便利。

 

ルワンダのバイタクはウガンダのバイタクに比べ安心できる。ウガンダのように3人も4人も乗る事はなく、しっかり定員の2人を守っている。また当たり前の事だけどヘルメットもしっかり被っていて、当然客も被らされる。ヘルメットの色が統一されていたり、番号の書かれたベストを着用していたりするので、正規のバイタクである事も一目瞭然で分かるようになっている。

ルワンダのバイタク

 

とりあえず、街のどこからでも見える丘の上に建つ高層ビルまで行ってくれとお願いした。宿の周辺から新市街までは400~500フラン(約80円)で行ける。安いし早いしすぐに捕まるしでバイタクはとても便利☆

これが丘の上に建つ高層ビル。キガリシティータワーと言うらしい。下層階には大型スーパーのナクマットが入っている。

キガリの街並

 

また、Wi-Fiをするならここのビルの2階にある「bourbon coffee」がオススメ。電源もたくさんあり、速度もまーまー早い。

キガリのWi-Fiスポット

 

新市街はとても綺麗だった。

キガリの街並

 

道路にはゴミ箱が設置されていて、ゴミが全然落ちていない。前回の記事に書いた通り、ビニール袋の持ち込みが出来ないというこだわりからも分かるよう、環境の美化に力を入れているようだ。スーパーなどで買い物をしても、すべて紙袋に入れられる徹底振り。

キガリに設置されたゴミ箱

 

新市街にはいくつかの高層ビルが建っていて都会的なイメージ。

キガリの街並

 

それでも緑が多く残されていて、アフリカのシンガポールとも呼ばれているらしい。

キガリの街並

 

こんなゴリラのモニュメントもあった。ウガンダ同様ゴリラトレッキングはルワンダにとって外国人観光客誘致の大目玉になっている。

キガリの街並

 ルワンダのビュッフェ

ルワンダで外食をしようとするとビュッフェ形式の店がとても多い。

しかし、一般的なビュッフェとはちょっと違うので注意。

大きな違いは2点ある。1つは肉は有料or1つだけという店が多い。もう1つはお代わりが自由では無い

 

なのでたくさん食べたい人は1枚のお皿に山盛りにする必要がある。(皿は1枚だけ。スープ等は別皿の用意あり)

汁ものを入れると全部混ざってグチャグチャになっちゃうんだけど、そんなのおかまい無しに超山盛りにしている人が多い。

おすすめビュッフェレストラン

バスステーション周辺

バスステーションの目の前にあるビルに何軒かビュッフェのレストランがある。店の名前までは分からないけどその中で一番種類の多かった店に入った。確か10~15種類位。

↓グッチャグチャにしたくないので、適度に盛りつけた。肉なし→1300フラン(225円)、肉1つ追加する毎に300フラン(52円)だったと思う。この写真のは肉2つなので1900フラン(329円)

キガリのビュッフェ

 

 ・新市街

先に書いたナクマットが入っている高層ビルの向かいにあるレストラン「FANTASTIC RESTAURANT」

キガリのレストラン

 

スープ、サラダ、肉、米、フルーツなど、なんと30種位あるビュッフェ。ただし肉は1つまで。

これだけ種類が豊富で昼も夜も2000フラン(347円)で食べる事が出来る!安いし美味しいし超お得!!

ルワンダのビュッフェ

 

バスステーション周辺はレストランの閉店時間が早いので注意。腹を空かして宿まで戻ったのに、どこも空いている店がなくて仕方なくバスステーションの売店で惣菜をテイクアウトして、宿で食べる事になった日があった。

サモサ、ミートボール、チャパティ、春巻きの4つで800フラン(139円)コーンクリームスープは頂き物☆ 

キガリで買った惣菜

キガリで中華料理☆

キガリの主な観光として「ホテルミルコリンズ」が挙げられる。このホテルについては次の記事で詳しく書く予定なのでここでは割愛。

このホテルのカフェでビールを飲んでいたら、ルワンダ在住の日本人女性と、その方の友人の女性と知り合い、そのまま中華料理を食べに行く事に☆

例のナクマットが入っている高層ビルのすぐ先に見える「2000」と書かれたホテルに隣接した建物の、最上階に入ってる中華料理屋。

キガリの街並

 

キガリで美味しいと評判の中華料理屋のようで、ちょっと高級感のある中華料理屋だった☆

キガリの中華料理店

 

ルワンダのビール「PRIMUS」

ルワンダのビール

 

同じく「Mutzig」

ルワンダのビール

 

で、料理は・・・

アレ?写真撮ったはずなのにない笑

 

間違えて消しちゃったみたいです笑

何を食べたかかも覚えてません。笑

ただ、豆腐がないから麻婆豆腐は作れないって言われたのは覚えてます。

小遣い帳によるとビール2本を合わせて1人6500フラン(1124円)でお腹一杯食べれたそうです☆

 

このレストランから見える夜景☆

キガリの夜景

 

今回はここまで~!最後に地図を添付します↓


黒・・・ホープゲストハウス
赤・・・バスステーション
青・・・キガリシティータワー
緑・・・Fantastic Restaurant
黄・・・中華料理屋

次回は「ホテル・ルワンダ」「キガリ虐殺記念博物館」についてです☆




LINE@でブログの更新情報を受け取れます↓

友だち追加

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


スポンサーリンク

このブログを書いている人

名前:根本大樹
誕生日:1982年3月6日(34歳)
血液型:O型
出身地:神奈川県横浜市
居住地:東京都渋谷区恵比寿
訪問国数:80カ国





世界一周ルート


より大きな地図で 世界一周ルート を表示

YouTube


instagram

twitter

facebook page

カテゴリー

アーカイブ

ブログ村

スポンサーリンク