世界一周に関する情報と東京での日常を綴る根本大樹のブログ。

menu

東京ときどき世界一周|daiki55.com

カンパラ|屋台で売っているロレックスを食べよう!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

カンパラ市内

ケニアの首都ナイロビから次に向かったのはウガンダの首都カンパラ

ウガンダでは、ロレックスを食べる事、赤道上にある記念碑に行く事、世界最小民族「ピグミー」に会いに行く事、チンパンジートレッキングに行く事が最低限したい事☆

今回の記事では一番始めの「ロレックスを食べる」ところまで紹介したいと思います☆

ナイロビからカンパラへ 

ナイロビからカンパラへの行き方

ナイロビダウンタウンで宿泊していた宿「ニューケニアロッジ」から徒歩30秒の所にあるバス会社でチケットを購入(メモを忘れ会社名不明)。出発場所もバス会社の前だったのでバックパックを背負ってダウンタウンを歩かずに済む。

夜20時に出発し所要時間は18時間。料金は2300シリング(2829円)。はじめはカンパラコーチというバス会社でチケットを買おうと思い、宿のおっちゃんに場所を聞いたところ、こちらをオススメされたので宿で聞けば分かると思う。

ナイロビからカンパラに向かうバス

 

バスは特にトラブルも無く順調に進み、到着したのはカンパラの中心地から少し離れた場所にあるショッピングセンター「NAKUMATT OASIS」だった。

目星を付けていた「バックパッカーズホステル」まではかなり距離があり歩けない。そこでバイクタクシー(通称ボダボダ)で行く事にした。バックパックをタンクの上に載せてめちゃくちゃ運転しにくそう・・・ 

カンパラのバイクタクシー

 

料金は8000シリング(348円)で交渉成立。ウガンダのバイクタクシーにルールなんてものはなく、3人乗り、4人乗りまで見かける。さらにはヘルメットをしているのをほとんど見かけない。何度もぶつかりそうになるしめちゃ恐かった。

カンパラ市内

 

特に市内中心部の交通量は半端なくて、転倒しなかったのは奇跡と言って良いほど。車のタクシーに比べてかなり安いけど、あまりオススメは出来ません。実際にかなり事故が多く、青年海外協力隊(JICA)の皆さんはバイタクに乗る事は禁止されているという程。

 

バックパッカーズホステル

ドミトリー20000シリング(870円)、Wi-Fiフリー(まーまー早い)、勢い抜群の温水シャワー完備、キッチンなし。テントで泊まる事も出来るが差額がほとんど無い為か、テントを張っている人は1人しかいなかった。確か16000シリング(696円)だったと思う。

カンパラバックパッカーズホステル

 

部屋はとても綺麗。ドミトリーには多い日でも3人しか泊まっていなかったので超快適☆

カンパラバックパッカーズホステル

 

屋外にはステージやバーもあるが、閑散期なのか誰もいない。

バックパッカーズホステル

 

レセプション兼レストラン。ここでの食事はかなり高くつく。

バックパッカーズホステル

 

この冷凍ピザで14000シリング(610円)。ビールは5000シリング(220円)。

バックパッカーズホステルのピザ

 

宿の居心地は抜群だけど、中心部まで遠いのが難点だった。

タウン中心部へ

バックパッカーズホステルからタウンの中心部に行くにはミニバス(通称マタツ)に乗って行く。宿の前で手を上げて止めて「タクシーパーク」に行くマタツに乗ればOK。タクシーパークまでは500シリング(22円)で行けるのでバイタクに比べてもかなり安い。

↓カンパラの街並

カンパラ市内

 

日本の援助で作られているのか、信号機が日本と全く一緒だった。

日本と同じ信号機

 

↓坂を下った人混みの半端ないところがタクシーパーク。いつも大渋滞でインドの雰囲気に似ている。

カンパラ市内

 

近くにはショッピングセンターとかもある。

ショッピングセンター

 

ウガンダの竹下通り(原宿)??ってくらい人、人、人~!!

カンパラの原宿

 

タクシーパーク(タクシーと言ってもミニバスの事)なんてこんなんだからね!

カンパラのバスステーション

 

この中から自分の行きたいミニバスを探さきゃならないんだからね、もうカオスだよ!しかもこれと同じ位の規模のタクシーパークがすぐ近くにもあって行き先によってどちらか別れているから尚大変!

 

タクシーパークから少し歩いた所にあるヒンドゥー教寺院。やっぱりここはインドか?

カンパラのヒンドゥー教寺院

再びNAKUMATT OASISへ

タクシーパーク周辺をグルグル歩き回ったあと、高級ホテルなどが建ち並ぶエリアを抜けさらに歩き続けたら、ナイロビからのバスが到着したショッピングセンター「NAKUMATT OASIS」に辿り着いた。タクシーパークから歩いて1時間位かな。

カンパラのナクマット

 

この街は他に遊ぶところがない為か、ここが若者達のデートスポットになっている。お洒落でゆっくり出来そうなカフェもあるし、近くにはCLUBとかもあった。

さらに、2階には中華、韓国料理、インド料理、エチオピア料理などの店が並ぶフードコートを発見!たくさんの家族で賑わっていた☆

ナクマットのフードコート

 

ずっと食べたかった麻婆豆腐(13000シリング)と炒飯(10000シリング)を注文。合計23000シリング(1000円)。フードコートのくせに高い。1泊の宿代を超えてしまった。けど、食べたかったからいいの!ちなみに味は期待しないでください・・・

麻婆豆腐

屋台でロレックスを食べてみた

宿のレストランは高い、ショッピングセンターのフードコートも高い、そんな時はバックパッカーの強い味方、屋台!!

宿から歩いて10分のところに規模は小さいけど屋台の並ぶ通りがあるので、毎日ここに通うのが日課になった。

その中でも一番お世話になったのはロレックス!!

↓の写真「BEST QUALITY」の下に確かに「ROLEX」と書かれているでしょ?

ウガンダ名物ロレックス

 

もちろんスイス製の高級腕時計ではない。ロレックスとはウガンダで庶民に愛される屋台飯の事。

クレープのような生地の上に卵を割ってトマトとかを入れて焼いたもの。卵は1個か2個か選べる感じだったけど、スタンダードは2個っぽい☆ 

ウガンダ名物ロレックス

 

これをくるくるっと丸めてビニール袋に入れて出来上がり!味付けはシンプルに塩。これが意外と美味い!!ただ、超~熱々なので火傷に注意。卵2つで1500シリング(65円)、安い!!

ウガンダ名物ロレックス

 

これだけは足らないので、屋台をハシゴして焼鳥と組み合わせても美味い!!串焼きも種類によって1本1000~1500シリング(43円~65円)くらいで食べれる☆

ウガンダ名物ロレックスとチキン

 

他にもソーセージ(1本500シリング=22円)とか

ソーセージ

 

串焼きではないチキン(2500シリング=108円)と

チキン

 

組み合わせても美味い。これ全部で4500シリング(196円)☆

ウガンダ名物ロレックスとチキン

ロレックス以外の食べ物

ロレックス以外にもこんなのがあった。ロレックスと同じ値段で1500シリング(65円)。これは腹一杯になった。名前は分からないから食べてる人のを指差して頼んだ☆

カンパラの屋台飯

 

ここの屋台通り、一番賑わうのは日が暮れてから。昼間には出ていなかった屋台がどんどん立ち始める☆

カンパラの屋台

 

ここだけすごい賑わっているからすぐに見つけられるはず。一応最後に地図添付するけど☆

カンパラの屋台

 

他には定番の焼きトウモロコシ(300シリング=12円)。日本の醤油とみりんがあったらどれだけ美味い事か!!

焼きとうもろこし

 

最後にこれを説明しないと終われない!その名もマトケ!! 写真の左側はビーフシチュー、右側に写っているやつがマトケ。これウガンダではライスの代わりに主食として食べられてるんですけど、なんだと思いますか??

マトケとビーフシチュー

 

実はこれ青バナナです!青バナナを蒸してマッシュしたものらしいんだけど、ウガンダの人はみーーんなこのマトケを主食にするんです。初めて食べた感想は完全に「芋」!!むしろ何度食べても芋としか思えない味。意外と美味しかったけど、やっぱり主食はライスがいいな~。。。ちなみにビーフシチュー込みの値段は5000シリング(218円)、ビールは3500シリング(152円)でした。

宿から街の方に歩いて、屋台通りを越えて少しのところにあるビリヤードとか置いてある店です。(屋台とは反対側)

 

↓カンパラの地図

黒・・・バックッパッカーズホステル
橙・・・屋台通り
赤・・・ニュータクシーパーク
青・・・オールドタクシーパーク
黄・・・ナクマットオアシス(ナイロビからのバス終着場所)

 

以上でした~!次回もカンパラです。次は赤道の真上に行ってきますよ~☆




LINE@でブログの更新情報を受け取れます。旅やブログに関するご質問もお気軽にどうぞ↓

友だち追加

 

 

スポンサーリンク

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

このブログを書いている人

名前:根本大樹
誕生日:1982年3月6日(34歳)
血液型:O型
出身地:神奈川県横浜市
居住地:東京都渋谷区恵比寿
訪問国数:80カ国



世界一周ルート


より大きな地図で 世界一周ルート を表示

YouTube


instagram

twitter

facebook page

カテゴリー

アーカイブ

ブログ村

スポンサーリンク