世界一周に関する情報と東京での日常を綴る根本大樹のブログ。

menu

東京ときどき世界一周|daiki55.com

ヨハネスブルグ|マラリアか?突然40度の高熱におかされる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

2015年4月13日。治安の悪いヨハネスブルグへ早朝4時頃に到着してしまい、そのまま明るくなるまでバス車内で就寝。

明るくなってからタクシーに乗るも、トラブルでタクシーを降りる事になりそのまま歩いてパークステーションへ。今度こそタクシーを捕まえて目的の宿に向かう事が出来た。

前回の記事を読んでいない方はこちらからどうぞ↓
世界最恐都市ヨハネスブルグの凶悪伝説をまとめてみた。

ヨハネスブルグで安宿探し 

タクシーに乗って向かったのは「ブラウンシュガーバックパッカーズ

ヨハネスブルグに行った事のある旅人に宿情報を聞くと大抵この宿の名前が出て来た為だ。

タクシーを飛ばし宿に到着。大きな門があり外からインターホンを押す。部屋が空いているか尋ねると、なんと満室との事。

タクシーに戻り「Coast to Coast」で他の宿を探す。そして運転手に携帯を借りて空室を探した。

※Coast to Coast・・・南アフリカのバックパッカー向けフリーペーパー。詳しくはこちらの記事で紹介してます。

 

結果「CURIOCITY BACKPACKERS」というところに空室があり、運転手に伝えた。

結果タクシー代と電話代で合計200ランド(約2000円)、マコトさんと割り勘で1人100ランドの出費となった。

CURIOCITY BACKPACKERS

ヨハネスブルグの安宿

 

12ベッドほどのドミトリーは1泊160ランド(約1600円)

ヨハネスブルグの安宿

 

BARにビリヤード、キッチン、ジャグジー、Wi-Fiなど設備面は完璧。欧米人で賑わっていてこちらも人気宿のようだった。

ヨハネスブルグの安宿

 

ヨハネスブルグに限らず南アフリカ全般に言える事だけど、安宿に泊まる時はヨーロッパのように事前に予約をしておいた方が良いです。

 

こうしてなんとかたどり着いた宿。早朝から身体に異変を感じ始め、宿に到着した時にはもう立っていられないほどだった。

謎の種で体調回復

関節の痛み、だるさ、悪寒、頭痛・・・

とにかく辛かったが、この日の翌日夕方にはマダガスカル行きの飛行機に乗らなければならない。レソトの移動が予定外に時間がかかり1日遅れてしまった為、ヨハネスブルグには1泊しか出来ない旅程となってしまったのだ。

それでもアパルトヘイトミュージアムとタウンシップツアーでソウェトには絶対に行きたい。この日にアパルトヘイトミュージアム、そして翌日にソウェトに行けば忙しいが見たいところは見れる。

そのつもりだったので、体調は悪いが寝る訳にはいかない。腹が減っていたので即席ラーメンを食べたが、体調は著しく悪化。

 

限界が来てベットに倒れ込んだ。

心配してくれたマコトさんが体温計を貸してくれた。

熱を測ってみると・・なんと39.9度。

 

あまり熱が上がらない体質なので、記憶の中では人生で一番の高熱だった。

その体温を見て嫌な予感がした。

アフリカで高熱と言えばマラリアだ。

 

※マラリア・・・詳しくは「死亡の可能性もあるマラリアとは?予防薬•治療薬の購入と服用について【まとめ】」で。

 

正直マラリアかと思った。覚悟もした。でもこの時はもう寝るしか無かった。とにかく辛かった。

 

同部屋の欧米人が心配してくれてマコトさんに僕に飲ませる用の薬?を預けた。

マコトさんがそれを飲めと言ってくる。

見た感じ薬ではない。

 

何かの種?

なんだったか忘れてしまったがピリッと辛い何かの種だった。

 

マコトさんはそれに加え

“いつか韓国人にもらった”

という謎の薬もくれた。

 

それも飲んだ。もう何でも良かった。今の体調が少しでも良くなる可能性があれば何でも良かった。

 

そして寝たのが昼前。

うなされ続けて夜に一度起きた。

その時にマコトさんが作ってくれた肉団子スープを少し飲んだ。

そしてまた寝た。

 

翌日午前中。

眼が覚めるとなんだか調子が良かった。

熱を測ると36度台。身体の痛みはなく、食欲もあり、むしろ元気になってしまった!

 

恐るべし謎の種!!もしくは韓国の薬?!それとも組み合わせ?!

 

とにかく体調は回復した。

そしてその後もシャキシャキとして、ぶり返す事もなかった。

なんだったのか・・1日限りの高熱。

ともかくマラリアでなくて良かった・・・

マダガスカル行きの航空券

そんな訳でヨハネスブルグでは行きたかったアパルトヘイトミュージアムもソウェトも行けず、町の雰囲気もあまり感じる事もないまま去る時間が来てしまった。

マダガスカル行きが発着する「O.R.タンボ国際空港」までは結構離れているので、宿の送迎サービスを利用して空港に向かう事にした。

宿から空港までは350ランド(1人175ランド=約1750円)だった。

 

今回の航空券は下記の通り。

航空会社:マダガスカル航空
発着地:ヨハネスブルク – O.R.タンボ国際空港 (JNB) ~ アンタナナリボ – イヴァト空港 (TNR)
往路:2015年4月25日17:20→21:20
復路:2015年5月16日17:00→19:20
金額:71,220円
※時差が1時間あるので移動時間は3時間

 

マダガスカル航空と言えば、遅延や欠便が頻発する超評判の悪い航空会社。

しかしマダガスカルに行く最安の方法はこの航空会社を使う方法だ。

 

他にもこの路線は南アフリカ航空が運航しているがマダガスカル航空に比べると高いので安い方を選んだ。

果たしてトラブル無くマダガスカルに到着できるか・・・

評判の悪いマダガスカル航空

O.R.タンボ国際空港に到着し電光掲示版を見上げると・・・

今のところ「予定通りの出発」と示されている。

その後もドキドキしながら手続きを進めたが結局何も問題なく飛行機へ搭乗した。

ブログなどを調べていると、ほとんどの人が遅延や欠便をいった目に遭っているので今回は運が良かったらしい☆

 

ブログのネタ的にはトラブルが欲しかった・・・汗

やっぱりトラブル発生!!

しかしやっぱり悲劇は訪れた。

それはマダガスカルの空港に到着してからの事。

 

飛行機に乗れ慣れている人ならなんとなく分かりますよね??

・・・

この何も流れていないベルトコンベアが何を意味するか・・・

マダガスカルでロストバゲッジ

 

そうです。

・・・

ロストバゲッジです!!

 

しかも僕のは普通に流れて来て

マコトさんのだけ行方不明となりました。

↓かなりテンション低めなマコトさん。笑

ヨハネスブルグからマダガスカルへ

 

すると管理室に通されたのですが・・・

驚きの光景を目にしました。。。

 

・・・

行方不明になった荷物の多さ!笑

マダガスカルの空港にて

 

さすがマダガスカル航空!!笑

 

このあとヨーロッパで荷物が見つかったと連絡あり、無事マダガスカルの宿に届けられました。笑

どこでどう間違ったらヨーロッパに行ってしまうんでしょうか・・・

しかもマコトさんの鞄、なぜか超汚くなって返って来ました・・・汗

 

マコトさん・・笑い話しにしてしまってすいません!笑

 

以上、ヨハネスブルグでした!

体調不良のせいで全然情報なくてすいません!

 

次はいよいよ!この旅で最後の国となるマダガスカルでーす!!




LINE@でブログの更新情報を受け取れます↓

友だち追加

 

 

スポンサーリンク

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


スポンサーリンク

このブログを書いている人

名前:根本大樹
誕生日:1982年3月6日(34歳)
血液型:O型
出身地:神奈川県横浜市
居住地:東京都渋谷区恵比寿
訪問国数:80カ国



世界一周ルート


より大きな地図で 世界一周ルート を表示

YouTube


instagram

twitter

facebook page

カテゴリー

アーカイブ

ブログ村

スポンサーリンク