世界一周に関する情報と東京での日常を綴る根本大樹のブログ。

menu

東京ときどき世界一周|daiki55.com

ブジュンブラ|第二の南京虫大国?ブルンジの痒くて長い夜

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

タンガニーカ湖

ルワンダのフイエ(旧名ブタレ)から乗ったブジュンブラ行きのバスは約4時間半の13時30分頃にブジュンブラに到着。

ここで久しぶりに超最悪宿を選んでしまう事になった・・・。

ブルンジのビザ 

ブルンジは国境でビザを取得しなければならない。ケニア、ウガンダ、ルワンダは東アフリカビザという三ヵ国共通のビザだった為、久しぶりにビザを取得する。

しかしこれがまた高い!東アフリカビザが100ドルなのに対しブルンジは1ヶ月の観光ビザが90ドルもするのだ。

しかし3日間だけ有効なトランジットビザであれば40ドルで取得できる。ブルンジには全くと言って良いほど観光資源がないので、ここはタンザニアのキゴマに抜ける為に立ち寄るだけという風に割り切る事にした。

ルワンダからブルンジ

 

国境では特に問題無く3日間有効のトランジットビザを取得できた。ちなみに3日間で足りなそうな場合はPAFUというところで5日間延長が10ドルで出来るそうだ。(聞いた話)

ブジュンブラのバスターミナル

バスターミナルに到着。

ブジュンブラのバスターミナル

 

バスを降りると、ゲートの隣にあるオフィスに行けと言われ、そこで30分位並んで何かの手続きを終えた。多分滞在登録のようなものだと思う。腹がペコペコだったのでこのオフィスの隣のレストランへ。

ブジュンブラのバスターミナル

 

え~と、店員さん全く英語が通じない。メニューもない。良く分からないままノリで注文して出て来たのがコレ。フィッシュフライ&豆&ライス(3500フラン=272円)

ブジュンブラの安食

 

初めて食べるブルンジのご飯、お味はまーまーという感じ。

ビザの関係で2泊したらタンザニアのキゴマに抜けなければならないので、このレストランにバックパックを預けてキゴマ行きのオフィスを探す事に。バスターミナルはとても大きく、人に聞きながら敷地内を歩き回る。

ブジュンブラのバスターミナル

 

そして発見。「BRUGO TRAVEL」というバス会社。2日後の朝6時発のキゴマ行きチケットを購入(13000フラン=1011円)

ブジュンブラのバスターミナル

 

ようやく宿に向かう事になったんだけど、僕はまったく宿の目星を付けて来ていなかった。しかしフイエで再会しここまで一緒に移動して来たミツルくんが目星を付けていて、トゥクトゥクに乗ってそのホテルに向かう事になった。(1人1000フラン=78円)

ブジュンブラの南京宿

到着したのはここ「カリブホテル」

カリブホテル

 

このカリブホテルの隣にも安宿があり両方部屋を見せてもらったが、清掃状況や雰囲気からこっちのカリブホテルを選んだ。

部屋はツインルームで1人6000フラン(467円)

カリブホテル

 

この時はまだ夜に起こる恐怖を知らない。今だったら絶対にこんな宿には泊まりたくない。

順番が前後してしまうけど、先に長い長い夜の事を書こうと思う。

 

まずこの宿、夜になると停電になるため電気が使えない。Wi-Fi?そんなもんあるわけない。

僕はスーダン、エチオピアを抜けてきたのでこの手の宿には慣れっ子。部屋とシャワールームにロウソクを灯す。シャワーはもちろん水。水量はチビチビ。ここまでは何の問題もなかった。想定の範囲内というか自分の中で許容範囲。

 

しかし、ベットに寝転がり電子書籍を読んでいると・・・

なんか痒い。痒いぞ。

蚊がいるような気配はなかった。それなのに痒い。嫌な予感。

 

隣のベットで同じように寝転がっているミツルくんが言った。

「なんか痒いんだけど!!」

 

ベットの上をiPhoneで照らし点検してみる。すると・・・

いました。ダニ、そして南京虫!!

 

エチオピアで購入したビニールシートをベットの上に敷き、自前のシーツに身をくるみ寝る事にした。

ミツルくんは床にキャンプ用のマットレス敷き寝た。

それでも南京虫は血を吸いにやって来る。経験上、こんな時はなにをやっても無駄。案の定、痒くて深い眠りに寝付けず長い夜となった。

 

翌朝、英語の通じないスタッフに文句を言う。ベットの木枠とマットレスを他の部屋のものと変えてもらい、さらに木枠はアルコール消毒&天日干し。

コレくらいで死なないのは分かっている。けどやらないよりはマシだろう。

 

翌日の夜、ベットに座りチョコチョコiPhoneの明かりを照らし点検していた。

すると、また出て来ました。南京虫!!

この日は外は大雨。寝るしかない。刺されるのを覚悟の上で寝た。

 

この長い長い夜を2日間も過ごし、足や腕、首に南京虫とダニの被害を数十箇所受けた。

今後ブルンジに行こうと考えている方、絶対ここには泊まらない方が良いです。

まったく情報のないブルンジですが、自力で他のホテルを探しましょう。少し高くても絶対に違うホテルをオススメします!!

ブジュンブラの街並

宿に荷物を置いて街を歩いてみる。

ブジュンブラの街並

 

街中にはこれと言って何もない。

ブジュンブラの街並

 

誰だか良く分からんけど、あまりに撮るものがなくて撮ってみる。

ブジュンブラの街並

 

公園にいた結婚式の途中と思われる人々。

ブジュンブラの街並

 

生きたニワトリを掴み、街を歩く男性。

ブジュンブラの街並

 

用水路で水浴びをする子供達。

ブジュンブラの街並

 

ブジュンブラはタンガニーカ湖に面している為、湖を見に行ってみた。歩いて40~50分はかかると思う。疲れたので湖沿いの「UBUNTU RESIDENCE」という高級ホテルで一休みする事に。

ブジュンブラの高級ホテル

 

湖とプールを見ながら飲むビールは最高!しかもWi-Fiも出来た☆

ブジュンブラの高級ホテル

 

プールサイドに遊びに来ていた「カンムリヅル」

カンムリヅル

 

夕暮れに染まるタンガニーカ湖

タンガニーカ湖

 

湖は正直、残念な感じだったけど(特別綺麗でもないし・・)夕陽の力でのんびりする事が出来た☆

タンガニーカ湖

 

宿への帰り道に食堂で食べたビーフシチューwithライス(2500フラン=195円)

ブジュンブラの飯

 

うまそーですか?

そうですか。

コレ、くそまずかったですよ。

なんて言うか意味が分からん味でした。

 

翌日、丸1日時間があったけど、もうどこを歩く気にもなれず、Wi-Fiの出来るカフェでひたすら時間を潰していました。汗

 

そして3日目、朝6時前にバスターミナルに到着。予定通り6時に出発するのかと思えば。。。

客が集まっていない為、待つ事に。7時になり8時になり、客も集まった頃に今度はバスの鍵が見当たらないらしく出発できない・・・

結局出発できたのは9時頃。もうアフリカってこんなんばっかで慣れましたけどね。

 

↓待ち時間に到着時に食べたのと同じレストランでビーフwithライスを食べました。(2000フラン=156円)

良かった、今度は美味しかった。。。

ブルンジの安食

 

 

1つの国がたったの1記事で終わってしまうのは初めての事ですが、ブルンジは以上になります。書く事ありません。笑

【地図】


赤・・・バスターミナル
青・・・カリブホテル
黄・・・Wi-Fiの出来るカフェ
緑・・・UBUNTU RESIDENCE




LINE@でブログの更新情報を受け取れます。旅やブログに関するご質問もお気軽にどうぞ↓

友だち追加

 

 

スポンサーリンク

関連記事

    • ともか
    • 2015年 4月 13日

    先日は、サファリのアドバイスありがとうございました^ ^
    ケープタウン満喫中ですか??
    南京虫は災難でしたね。お大事に。
    次回は、ケープタウン&マダガスカル(組み合わせ間違えてますよね^_^;)を計画中なので、ブログアップ楽しみにしてまーす。

    • あっどうもどうもコメントありがとうございます。

      ケープタウン毎日天気良くて暑くて最高です☆
      マダガスカルは3週間行く予定です。どうぞお楽しみに☆

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

このブログを書いている人

名前:根本大樹
誕生日:1982年3月6日(34歳)
血液型:O型
出身地:神奈川県横浜市
居住地:東京都渋谷区恵比寿
訪問国数:80カ国



世界一周ルート


より大きな地図で 世界一周ルート を表示

YouTube


instagram

twitter

facebook page

カテゴリー

アーカイブ

ブログ村

スポンサーリンク