世界一周に関する情報と東京での日常を綴る根本大樹のブログ。

menu

東京ときどき世界一周|daiki55.com

アディスアベバ|安宿が集まるピアッサ地区の過ごし方☆

このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

TOMOCAコーヒー

バハルダールを早朝6時頃に出発したバスは約12時間ほどでアディスアベバへ到着した。

Googlemapで到着地を確認すると、目星を付けていた宿までは結構距離がある。が、ギリギリ歩けない距離でも無さそうなので歩いて向かう事にした。

30分位歩いた辺りで日が暮れてしまい、しかも日本を出国して初めての雨が降って来た。約2ヶ月振りの雨はなんか新鮮だった。

で諦めてミニバスに乗ろうとするが、始発じゃないのでどれも満員で乗れない。諦めてタクシーに値段を聞くと皆そろって100ブル(550円)と言う。高過ぎる~、タクシー!!スーダンと一緒で物価の割にタクシー代はとても高い。

舗装もされていない道なので雨のなか歩くと足元がドロドロになる。それが嫌で仕方なくタクシーに乗車し目的地の「タイトゥーホテル」へ向かった。

アディスアベバの安宿「タイトゥーホテル」

タイトゥーホテルとはアディスアベバに住む人なら恐らく知らない人はいないであろう超有名ホテル。

約120年前に皇后が建てたエチオピア初の西欧風ホテルで、ビュッフェもある立派なレストランに、BAR、銀行、ATM、旅行会社が数社、そして「SKYバス」というバス会社のチケットオフィスも併設されている。

(アディスアベバでは「SKYバス」と「SELAMバス」の2社がちょっと快適な長距離バスを運行している。この2社以外はボロボロのローカルバスでバハルダールからアディスアベバに乗って来た横5列のバスがそれ。)

タイトゥーホテル

 

それだけ聞くと高級ホテルのようにも思えるが、実際は安宿~中級ホテルと言った感じ。客室が何棟かに別れていて、部屋のタイプによって様々な料金体系がある。

一番安い部屋は177ブル(974円)。一番奥の棟で、雰囲気的になんかあまり良い感じを受けなかった。シャワー、トイレは共同。

※エチオピアの物価は毎年毎年上がっているようで、ちょっと古めの「地球の歩き方」の値段は全く参考にならない

タイトゥーホテル

 

この部屋なんだけど多々問題があり、まず部屋のドアは毎回思い切り蹴り飛ばさないと開かないし閉まらない。冗談抜きで刑事ドラマ風に「ドーン!!」っとやらないと開かない。多分女性の出入りは厳しい笑

そしてシーツがデフォルトで汚れている。(これはスーダンに比べればマシ)

アディスアベバの夜はかなり寒いのに、掛け布団も毛布も何も無い。(後から分かったけどエチオピアの安宿はどこもそうなので、寝袋か暖かい格好をしないと寝れない)

さらに部屋の目の前にある共同トイレはちゃんと流れず、初日からう○ちが便器に溜まっていた。ちなみに便器は様式だけど便座はない。(これもよくあるパターン)

結局このトイレは3日間の間でどんどんう○ちの量が増えていった為、猛烈な匂いを解き放ち部屋まで匂いが届く程だった。

の割に毎日ルームクリーニングは来ているようで、毎日必ず自前のブランケットとシーツが綺麗に畳まれていた。笑

 

そして肝心のWi-Fi。使えると言う情報だったけど使えるのはレストランフロアのみで、しかもレセプションでPINコードの記載されたチケットを購入し課金されるシステム。チケットは使う容量によって異なり

[200MB 12ブル] [400MB 27ブル] [600MB 55ブル] [800MB 82ブル] [1.2GB 135ブル] の五種。

何をするかによるけど、色々情報を調べたり、Facebookを見たり、ブログ書いたりという位なら200MBで連続4時間は接続出来る。有効期限は2週間なので、使い終わったらしっかりログアウトをしておけば後日容量までは使う事が出来る。

 

しかし問題が。僕はお金を払ってでも速度の早いWi-Fiに繋ぎたかったので、毎日レセプションでチケットを買いたいと申し出たが「今日はWi-Fi動いてないわ」と言われ続けた。Wi-Fiは飛んでいて、iPhoneで受信もしてるんだけど、動いていないらしい。

結局、アディスアベバを出る前々日と前日だけ動いていて、動いている時の速度はこの辺の安宿街の中では最速。しかし突然途切れたり安定はしない。

—2014/11/3追記—

Wi-Fiですが、最近はとても安定していて毎日超サクサク動いてます。時期によって波があるようです。

アディスアベバの安宿「バロホテル」

そんな訳で、タイトゥーホテルに3泊したあと歩いて3分程のバロホテルに引っ越した。

ここは部屋でも共有スペースでも無料でWi-Fiが繋がる。が・・・繋がれば奇跡という位の速度でブログの更新などは到底不可能。

それでも全く繋がらないよりはマシなのでこっちに引っ越したけど。

BALOホテル

 

こちらはタイトゥーホテルより少し高くて200ブル(1100円)。が、シャワーもトイレも部屋に付いてるのでう○ちが溢れる事はない。

部屋もそうだけど、宿全体の雰囲気的にも個人的にこっちの方が好き。

バロホテル

 

—2014/11/3追記—

Wi-Fiですが相変わらず遅いです。深夜に早くなる事が多い気がする。

アディスアベバの安宿「ウトマホテル」

—2014/11/3追記—

バロホテルの向かいにあるホテル。1階はレストランで1階奥に数部屋と2階にいくつかの部屋がある。旅行会社も併設されている。

ウトマホテル

 

料金は220ブル(1208円)と、タイトゥーホテルの一番安い部屋やバロホテルに比べると少々高い。

が、部屋は一番綺麗でWi-Fiも部屋まで届くしスピードもバロホテルよりかは全然早い。

ウトマホテル

 

レストランも良心的な価格でメニューも豊富なので、最終的にここが一番気に入った。

レストランは夜遅くまで賑やかで、部屋まで騒音が聞こえて来る。うるさいのが嫌な人は向かないかも。

一部お湯の出ない部屋があるので要確認。

アディスアベバの安宿街「ピアッサ地区」

タイトゥーホテル、バロホテル、ウトマホテルの他にも数軒の安宿が集まっているのがピアッサ地区と呼ばれるエリア。

ピアッサとはイタリア語で広場という意味。アディスアベバの中でも観光客が集まる特殊なエリアで物価も高く「アディスの銀座」とも言われているらしい。ちょっとパーカーを買おうとしたら1000ブル(5500円)と言われた・・・

昼間はなんて事ない普通の街。(タイトゥーホテルの前の通り)

アディスアベバの街並

 

こっちはバロホテル、ウトマホテルの前の通り。

アディスアベバの街並

 

昼間の風景だと全く分からないけど、実はここBARやCLUBの密集地帯で、夜になるとネオンが輝き、人で溢れ、深夜まで大賑わい。

日本語を話す輩もたくさんいて「こんにちは~大麻あるよ~」などと声を掛けて来る奴がたくさんいる。

アディスで一番治安の悪い場所みたいで、子供のスリ軍団とかも多くて、僕も2度囲まれた。追っ払ったけど。

バロホテルに泊まっていた他の日本人も、2人が鞄から物を取られたと言っていたので、初めて来る人はちょっと注意した方が良い。

 

なんて書いてしまうと、なんかすげー治安の悪いイメージを与えてしまうかもしれないけど、基本はエチオピア人いい奴が多いから大丈夫です☆ごく一部の輩だけなので、最低限の注意さえしていれば☆

 

↓はピアッサのメイン通り。首都らしく一応高層ビルも建っている。

アディスアベバの街並

ピアッサ地区カフェ、レストラン情報

まずはタイトゥーホテルのレストラン。ランチやディナーで500円以下で食べれるビュッフェをやっている日もある。

が、グリールステーキという文字を見た瞬間ステーキに決めた。(ビールと合わせて115ブル=632円)

しかし煎餅のように薄くて固い肉・・・もうエチオピアでステーキは食べないとココロに誓った。

タイトゥーホテルのレストラン

 

タイトゥーホテルを出てすぐ左手の「KG CORNER」という店。Wi-Fiが使えるので何度か通った。(Wi-Fiはバロホテルより少し早いくらい)

朝食のフレンチトースト。味はまーまー。マキアートと合わせて44ブル(242円)。

フレンチトースト

 

マキアートやコーヒーはどこで飲んでもそれなりに美味い。さすがコーヒー発祥の国エチオピア。

マキアート

 

ここで食べたアラビアータはなかなか美味かった☆コーラと合わせて72ブル(396円)。

アラビアータ

 

タイトゥーホテルを出て突き当たりのメイン通りを右に曲がって、次の大きな十字路を左に曲がり右手にあるカフェ。

バハルダールで飲んだアボガドジュースは甘過ぎたので「アボガドマンゴー」にしてみた。

したらこれが最高に美味い!これはハマる美味さだね~☆(20ブル=110円)

アボガドマンゴー

 

次は「ウトマホテル」のレストラン。宿泊しなくてもWi-Fiが使える。

ライスwithチキン(65ブル=358円)。少し塩分が足りなくてテーブルに置いてあった塩を振って食べた。

いくら振っても味が濃くならず、おかし~な~と思ってたらそれは砂糖だった・・・

気付いてから食べてみると確かに甘いw思い込みって怖いな~・・・

ライスwithチキン

 

バロホテルを出て坂を登りすぐ左手にある「WOWバーガー」

一番高いスペシャルバーガーとコーラ2本で81ブル(445円)。ハンバーガーも美味いけどポテトがまた美味い!しかも24時間営業!

エチオピアのハンバーガー

 

バロホテルを出て坂を下って最初の十字路の右角のイタリアン。テーブルクロスが敷いてあり、テーブルに花も添えてあり結構お洒落。

が、カルボナーラはなぜか麺が真っ黄色。味はまーまー。(83ブル=457円)

アディスアベバのイタリアン

 

バロホテルを出て坂を下って最初の十字路を右に曲がり、次の十字路を左に曲がって右手にあるビルにはマクドナルドがあった。

偽マクドナルドのビル

 

と思ったら偽物。その名も「マクドナPizzeria&Bar」

偽マクドナルド

 

しかし思いのほかクオリティの高いピザが食べれた。一人では食べきれない位の量だし味も美味い!コーラと合わせて91ブル(500円)。

真ん中のは青唐辛子のソース、タバスコの代わりなのかな。

偽マクドナルドのピザ


エチオピアで一番で有名な珈琲店「TOMOCAコーヒ」

バロホテルを出て坂を下って一つ目の十字路を右に曲がり二つ目の十字路(大通り)を直進してすぐ右手にある立ち飲みコーヒー店。

その名も「TOMOCAコーヒー

TOMOCAコーヒー

 

ここは世界1のコーヒーを出す店とも言われていて、エチオピア1の老舗であり超有名店。1日で2000杯のコーヒーが売れているとか。

TOMOCAコーヒー

 

コーヒーは1杯10ブル(55円)。酸味がほとんどなくて苦みの強いコーヒー。好みもあるかもしれないけど、これは美味い!

TOMOCAコーヒー

 

美味さにハマり通った。次はマキアート。少量の泡立てたミルクを入れたやつね。これも美味い!(値段はコーヒーと一緒)

エチオピア人にはマキアートが人気みたいで、これに砂糖をたっぷり入れて飲んでる人が多かった。みんな砂糖入れ過ぎ・・

TOMOCAコーヒー

 

という訳でアディスアベバでは、インジェラに飽きて贅沢なものばかり食べていたのでした☆

アディスアベバでWi-Fiが超早いトコ☆

アディスアベバ滞在中に困ったのはWi-Fiの遅さ。というかエチオピアに入ってからずっとそうだけど、どこも繋がれば奇跡!みたいなスピードでブログの更新が超困難。

上に書いた「バロホテル」や「KG CORNER」「ウトマホテル」の無料Wi-Fiではブログに写真のアップロードが出来ない。

—2014/11/3追記—

Wi-Fiは波があって、毎日サクサク動く時もある。

 

タイトゥーホテルの有料Wi-Fiも超不安定。「WOWバーガー」の真裏くらいに1時間20ブル(110円)でWi-Fiの使えるネットカフェがあるんだけど、ここも繋がれば多少早いが動いていない事が多い。

という絶望的な状況の中で、最後の秘策、高級ホテルにWi-Fiをしに行きました☆

 

アディスアベバには「シェラトンホテル」と「ヒルトンホテル」の2つの高級ホテルがあり、ヒルトンホテルの有料Wi-Fiは「めちゃくちゃ早い」という情報を入手し行ってきました。

ヒルトンホテルはピアッサ地区からは結構離れていて、まずミニバスでマスカルスクエアへ。(3ブル=17円)マスカルスクエアからは歩いて15分~20分程。

入口で金属探知機や荷物のX線検査を受け、ちょっと緊張しながらヒルトンホテルのカフェへ。

TOMOCAコーヒーなら10ブルで飲めるマキアートが39ブル(215円)。高過ぎる!!高いのに味はTOMOCAの方が全然美味い。

ヒルトンのコーヒー

 

コーヒーにクッキーが一枚ついてくるあたりが高級店だな~と感じる。東京に住んでいた頃に良く行った1杯1000円近くする喫茶店「椿屋珈琲店」を思い出す。社長に呼び出されるのはいつも決まってここだった。

 

こんな高いコーヒーを頼んだのにフリーWi-Fiではなく、有料でチケットを購入しないとWi-Fiは使えない。

ホテル内のビジネスセンターに行ってチケットを購入。アクセスしてみると・・・

 

超早い!もうビックリするくらい早くて写真のアップロードなんて瞬間で終わる!この快感がクセになり2日連続で通ってしまった。

ただ、料金が馬鹿にならない。容量で料金が決まっていたタイトゥーホテルに対しこちらは時間制。

1時間110ブル(605円)、6時間160ブル(880円)。どう考えても6時間がお得で6時間にするんだけど、マキアートと合わせるとちょうど1泊分の金額を払わなければならない・・・

どうしてもサクサクのWi-Fiが使いたい!という方は試してみてください☆溜まっているアプリのアップロードなども余裕で終わります。

コンセントも使えるので充電器など忘れずに☆

あと、注意点はタイトゥーホテルと違い時間の中断は出来ない事と、一つのパスコードで一つのデバイスしか使えないので、友達と一緒に行って3時間ずつ割勘で利用するとかも出来ません。

 

ではこの辺で。次はソマリランドビザの取得とジブチビザの取得についてです☆

 




LINE@でブログの更新情報を受け取れます↓

友だち追加

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

関連記事

  1. こんばんは、kimcafeといいます
    この記事を参考にエチオピアを旅行してきました
    ホテルはWUTMAに3泊です
    治安が悪いといわれるピアッサなんで不安でしたが、大樹さんの情報で助かりました
    SIMを50ブルで買ったんですが、ネットできず
    WUTMAのWIFIは停電でなければ、まあまあでした(^^ゞ
    それにしても、凄い旅をしてますね
    世界1週がんばってください

    • kimcafeさん、コメントありがとうございます!
      お役に立てたようで良かったです!

      ブログ見ましたよ!ラリベラにも行かれたんですね!僕は行けなかったので羨ましいです!

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


スポンサーリンク

このブログを書いている人

名前:根本大樹
誕生日:1982年3月6日(34歳)
血液型:O型
出身地:神奈川県横浜市
居住地:東京都渋谷区恵比寿
訪問国数:80カ国





世界一周ルート


より大きな地図で 世界一周ルート を表示

YouTube


instagram

twitter

facebook page

カテゴリー

アーカイブ

ブログ村

スポンサーリンク